リフォームと建て替え、どっちがいいの?

メリットの多い方を選択しよう

自由度がそれぞれ異なる

制限をかけられる可能性がある

リフォームは、できることとできないことがあります。
優秀な業者に工事を依頼すると、こちらの希望を叶えようと頑張ってデザインを考えてくれます。
しかし住宅を支える重要な柱が存在することが原因で、自分が希望しているデザインを叶えることができないかもしれません。
リフォームは、自由度が少し低いことを忘れないでください。

仮に自分の考えたデザインが実現できないと言われた場合、代わりのアイデアを出してくれる業者が多いです。
似たようなデザインを考えてくれるので、そちらの意見で満足できるかもしれません。
ダメだと言われても、大きなショックを受けないでください。
早く代わりのデザインを見つけましょう。
するとスムーズに工事まで進みます。

自由なデザインを決めることが可能

自分たちが抱いている希望を完全に叶えるためには、建て替えを選択するのがおすすめです。
最初から住宅を作り直すので、間取りも自由に変更できます。
リフォームの場合は、既存のデザインを活かして新しいデザインを決めなければいけません。
なかなか希望を満たせるデザインが思い浮かばなくて、時間が掛かるかもしれませんね。

自由に間取りを決められる建て替えだったら、短時間でデザインを決められます。
これから家族が増えるので、部屋を増やしたり廊下を広く確保したいと考えている人が見られます。
リフォームでそこまで大がかりな工事をするのは難しいので、建て替えを選択しましょう。
これまで以上に、暮らしやすい住宅を作り直してください。

▲ ページトップへ戻る