リフォームと建て替え、どっちがいいの?

メリットの多い方を選択しよう

借りの住まいが必要なのか

早く工事を終わらせたい

工事の期間が短いのは、リフォームです。
1か月前後で終了すると言われています。
また自宅全体を工事するわけではないので、そのまま暮らせるケースが多いです。
わざわざ仮の住まいを確保する必要がないので、費用や手間は掛かりません。
しかし昼間は自宅で過ごす時間が長い人は、工事の音がうるさくて気になってしまうかもしれません。

その場合は、昼間はどこか別の場所で過ごした方が良いです。
夕方頃には工事が終わって、静かになります。
喫茶店などで時間を潰しても良いですし、図書館に行っても良いでしょう。
自由に本を読めますし無料で利用できるので、余計な費用が発生しません。
小規模なリフォームであれば、大体2週間前後で終わります。

借りの住まいを確保しておこう

建て替えは最初に住宅を壊すので、これまで暮らしていた住宅で生活を送ることができなくなります。
工事が終わるまで、仮の住まいで暮らさなければいけません。
まずは知り合いの家に宿泊できないか、お願いしてください。
もし誰も頼れる人がいない場合は、ホテルに行きましょう。
ホテルは駅の近くなど、交通の便が良いところに建設されています。

仕事をしている人は、ホテルを借りの住まいにした方が会社に行きやすいかもしれません。
また建て替えは、工事の期間が長くなります。
長いと、半年の時間が掛かります。
早く工事を終わらせてほしい人は、残念ながら向かない方法です。
時間が掛かっても良いから、綺麗で新しい住宅が欲しい人は選択しましょう。

▲ ページトップへ戻る