リフォームと建て替え、どっちがいいの?

メリットの多い方を選択しよう

住宅が古くなったら修理した方が良い

リフォームの費用相場を調べよう

どこをリフォームするのかによって、費用が変わります。
小規模だと、400万円程度で済ませることができます。
予算が少ない人にとって、非常にありがたいですね。
少し規模が大きくなると、最大で2000万円近くになります。
そのぐらいなら、何とか用意できる人が多いと思います。
極力費用を減らしたい人は、どこをリフォームするのか考えてください。

本当に必要なところだけをリフォームすれば、500万円前後で済ませることができるでしょう。
住宅が少し壊れていたり、不自由な箇所があるぐらいだったらリフォームで大丈夫だと業者も判断してくれると思います。
リフォームをしたいと、業者に伝えてください。
相場ぐらいの価格設定になっている業者を探しましょう。

安い価格で建て替えをする方法

建て替えは、住宅を最初に壊します。
そこから新しい住宅を建設するので、規模が大きくなります。
ですから費用が高くなりがちなので、最低でも1000万円近い出費になります。
大きな住宅を新しく作り直そうと考えていたり、生活を送るのに便利な機能をたくさん搭載するつもりでいたら、5000万円ぐらいになってしまうこともあります。

予算が少ない人は支払いができませんが、工夫することで少しは安い価格に下げることができます。
その方法は、素材を選択することです。
基本的な素材は、価格が安いです。
こだわっていない部分は、最も安い素材で十分でしょう。
リビングや浴室など、こだわりを持っている部分だけ少し高価な素材を使うと、費用削減に効果的です。

▲ ページトップへ戻る