リフォームと建て替え、どっちがいいの?

メリットの多い方を選択しよう

予算内に収まる方法を選択する

長年同じ住宅で暮らしていると、壊れる部分が出てくると思います。
放置したまま、暮らさないでください。
急に雨漏りがしたり、床が抜け落ちたりして非常に危険です。
きちんと修理することで、自分の再び安心して暮らせます。
修理する時の予算によって、リフォームが良いのか建て替えが良いのか変わります。
中には、予算が少なくて悩んでいる人がいるでしょう。
安く済む方を選択することで、古くなった住宅を新しくできます。
また工事の期間や、仮の住まいが必要なのかも変わります。

自宅を、どのように修理したいのかも考えてください。
この機会に、間取りを大きく変更したいと思っている人がいるでしょう。
それなら、自由に間取りを決められる方を選択しなければいけません。
柱の問題で、間取りに制限がかけられることがあります。
さらに住宅が建設されて、どのくらいの年月が経過しているのかによってリフォームが良いのか建て替えが良いのか変わります。

このように、選択する時に考えなければいけない基準がたくさんあることを忘れないでください。
リフォームにしたいと思っても、住宅の状態によっては建て替えをしなければいけないと判断されることがあります。
自分でどちらが良いのか判断できなかった場合は、工事を請け負ってくれる業者に相談しても良いでしょう。
メリットやデメリットが異なるので、自分に希望に合っている方を選択してください。
そのために、特徴をしっかり把握しましょう。

住宅が古くなったら修理した方が良い

費用を比べると、一般的にリフォームの方が安いと言われています。 それは、工事の規模が小さいからです。 予算が少なくて困っている人は、リフォームを選択しましょう。 建て替えでも、安く済ませる方法はあります。 どうしても建て替えが良いなら、安くなる工夫をしましょう。

借りの住まいが必要なのか

工事の規模が大きいと自宅で生活を送ることができなくなります。 借りの住まいを用意してください。 工事の期間が長くなると、生活に影響を与えるかもしれません。 リフォームか建て替えか選択する際は、工事の期間や規模を聞いてください。 なるべく、短時間で終わる方が良いですね。

自由度がそれぞれ異なる

自由に間取りを変えたり、便利な機能を追加したいなら建て替えがおすすめです。 リフォームは、自由度が低い部分がデメリットだと言われています。 デザインによっては、希望を叶えられないかもしれません。 建て替えなら最初から作り直すので、どんなデザインにもできます。

▲ ページトップへ戻る